Link Search Menu Expand Document

AAMT 2021

Conference of the Asian-Pacific Association for Machine Translation


The third Asian-Pacific Association for Machine Translation conference (AAMT 2021) took place online from 8 December to 9 December, 2021.

aamt.info/aamt-2021-online/

Day 1 - 30th anniversary event

   
13:30 - 13:45 開会挨拶
13:45 - 15:45 記念講演
黒橋 禎夫 氏 「AAMTとMTの軌跡と未来」
安達 久博 氏 「翻訳業界とMTとの過去、現在と未来」
辻井 潤一 氏 「長尾先生の言語観と例からの機械翻訳」
16:00 - 18:00 2021年AAMT長尾賞受賞者講演
鈴木 潤 氏(第16回AAMT長尾賞:東北大学)
「WMT-2020ニュース翻訳タスクに参加して:Team Tohoku-AIP-NTT at WMT-2020」
石渡 祥之佑 氏(第16回AAMT長尾賞&第8回AAMT長尾賞学生奨励賞:株式会社Mantra)
「『世界の言葉で、マンガを届ける。』マンガのための機械翻訳」
18:00 - 18:10 閉会挨拶
18:15 - 19:15 オンライン交流会(サポーター特典枠あり)

Day 2 - Annual convention

   
10:00 - 10:10 開会挨拶
10:10 - 11:00 令和2年度特許出願技術動向調査 -機械翻訳
成瀬 博之 氏(特許庁)
11:00 - 11:30 機械翻訳サミット参加報告 — ユーザー・プロバイダトラックを中心に
田中 英輝 氏(情報通信研究機構)
11:30 - 12:50 ランチタイムウェビナー トラック#1
11:35 ~ 11:55 「カスタマイズAI翻訳サービス「T-3MT」のご紹介」 https://www.rozetta.jp/lp/t3mt/
篠田 篤典氏(株式会社ロゼッタ)
12:05 ~ 12:25 「機械翻訳の企業へのさらなる普及を妨げるミッシングリンクとそれを埋める方法」
河野 弘毅氏(つうじ合同会社)三浦 陽氏(memoQ)
12:30 ~ 12:50 「”ヤラクゼン”を中心とした、八楽の会社案内」
日下部 優氏(八楽株式会社)
12:00 - 12:50 ランチタイムウェビナー トラック#2
12:05 ~ 12:25 「翻訳会社・企業翻訳部門向けProTranslatorと翻訳者向けEXPRESSのご紹介」
本間 奨氏(日本特許翻訳株式会社)
12:30 ~ 12:50 「医薬特化型エンジンの実力と活用」
講師:早川 威士氏(株式会社アスカコーポレーション)
13:00 - 15:00 公募セッション(1件あたり15分間)
  (1) 機械翻訳と人間翻訳の両方の市場を最大にする方法
ローズ 三浦 氏(エッジ・トランスレーション)
  (2) Memsourceの翻訳データから探る、機械翻訳の最新動向
石井 潤一 氏(Memsource a.s.)
  (3) 産業翻訳における機械翻訳の継続的改善手法
中山 雄貴 氏(株式会社ヒューマンサイエンス)
  (4) 最適化された機械翻訳導入モデルによる医薬品開発業務の迅速化への試み
鞠子 幸泰 氏(中外製薬株式会社)
早川 威士 氏(株式会社アスカコーポレーション)
  (5) 「カスタムMT+フルPE」現状と見通し:医療翻訳分野の事例研究
山田 優 氏(立教大学)
早川 威士 氏(株式会社アスカコーポレーション)
  (6) NICTアダプテーション+EBMTエンジンの実力とそれを用いた統合翻訳環境
本間 奨 氏(日本特許翻訳株式会社)
15:20 - 15:45 The 8th Workshop on Asian Translation (WAT2021) 報告
中澤 敏明 氏(東京大学)
15:45 - 16:30 Red Hat が目指す翻訳の未来 — 全冊公開により見えてきた課題とソリューション
燃脇 綾子 氏(レッドハット株式会社)
16:45 - 17:45 MT利用ガイドライン委員会の取り組みと今後の予定
山田 優 氏(立教大学)
MT提供および利用の法的課題について
柿沼 太一 氏(STORIA法律事務所)
17:45 - 18:00 閉会挨拶

Edit this article →

Machine Translate is created and edited by contributors like you!

Learn more about contributing →

Licensed under CC-BY-SA-4.0.

Cite this article →